FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CX2練習

201312082CX2_01.jpg
Xperia GX SO-04D

土曜日(12/7)の夕方、イルミネーション夜景を撮りたいと出かけながら、牡蛎を焼く香ばしい匂いに誘われて、横浜駅並びの旧東急ホテル跡地、期間限定の屋台村へ。

ミラーレス一眼はお留守番。

CX2とRX100M2を持参したのですが、こうして並べてみると、双子のような外観に改めて驚きます。

201312082CX2_02.jpg
CX2 ソフトによる水彩画加工

双子の比較というよりか、今宵は使い分け。

まだ、RX100M2は大事に使いたいので、細かな油分や汁が飛び散るような条件下では、CX2の方がタフに使える気がして、CX2の練習と決めました。

201312082CX2_03.jpg

焼き網に載った牡蛎の接写。

あとから考えると、カメラを近づける無理をしなくとも、ズームアップのテがあったのに……

201312082CX2_04.jpg

牡蛎のプルンと感、撮れた。

201312082CX2_05.jpg

マグロのカルパッチョ。

艶が弱いかな。

201312082CX2_06.jpg

お店を変えて、中華屋さんへ。

厨房前のカウンターでは、引き続き、CX2。

201312082CX2_07.jpg

餃子や野菜炒めの定番に続いて、青菜の炒め。

手ブレ補正に依存していますが、しっかり構えないと、ブレは出てしまうのだと反省。

201312082CX2_08.jpg

出来立てほやほやの湯気が立っていたのですが、映り込みが弱いなぁ。

CX2に不満があるのではなく、もっと、工夫出来る努力目標を見つけた練習となりました。
スポンサーサイト

RX100M2ほやほや練習

年末休暇に旅行を計画しています。

もちろん、ミラーレス一眼・NEX-5Rを携えて行くことを楽しみにしているのですが、旅先の諸々な条件下で、日頃の気ままな撮影が出来るか、想像すればするほど、不都合しか浮かばなくなってきました。

まず、レンズ交換。

保有するレンズでは、レンズ交換頻度が多く、煩わしさに加えて埃の心配や落下などのアクシデントの可能性も増える。

18-200のズームレンズを買い足す案も最初は浮かびましたが、レンズだけで460gにもなる重さは、一日中持ち歩き、左手で構える想像が出来ません。

加えて、気象条件も雨天確率の高い季節にNEX-5R一台では不安。

雨天用のDSC-TX300Vがあるにはあるけれど、撮影モード的に物足りなさがある……

自分が何をしたいか。

フォトジェニックな街、教会、風景を見て、少しでも雰囲気を醸し出すスナップ写真を撮りたい。

ぃゃ。練習したい。

思案し、研究し、発見したのが、『DSC-RX100M2』

またまた、SONY製品。

TVもSONYだし、スマホもXperia。新規購入したノートPCもVAIO。

ミラーレス一眼も防水コンデジもSONY。

もはや、SONY製品で揃えることは、“お手軽”を保証してくれるような気がしてきました。

数あるお気に入りブログの1つで、RX100M2を使った写真を見て、キレイだなぁとうっとりしたのが、最終的な決め手。

※ もちろん、その方の撮影テクニックはどのカメラを用いても上級であることが大前提にありますが。

調べた中で、RX100M2の機能や特徴、仕様は、NEX-5Rとよく似ていることも、好奇心を強めました。

しかし、価格は気軽に買える金額ではなく、悩みました。

“お誕生日”という妙案で何とか、購入にいたりました。

そして、昨日、届きました。

早速、お試し練習です。(2013/11/05 午前)

20131105-RX100M2test01b.jpg
プレミアムおまかせオート 全画素超解像ズーム

まだ、紅葉風景に乏しく、桜の紅葉。

20131105-RX100M2test02.jpg
プレミアムおまかせオート

目下、我が家のベランダで唯一の開花しているミニバラです。

20131105-RX100M2test03.jpg
A優先

ランタナももう、花は終わりました。キレイじゃないですが、ぼけ感はありますね。

20131105-RX100M2test04.jpg
A優先

コムラサキもランタナ同様、背景のぼけ感はあると思いますが、見頃を終えようとする植物では、キレイじゃないですね、葉色とか。

20131105-RX100M2test05.jpg
シーンセレクション;お花

20131105-RX100M2test06.jpg
今朝の桜。(2013/11/06)

昨日と同じく、全画素超解像ズーム。今朝はA優先で撮ってみました。クリエイティブスタイルでvividを選択。

20131105-RX100M2test07.jpg
A優先 全画素超解像ズーム

一般的には光学ズームを超えるズームをデジタルズームと称していますが、SONYのカメラには、デジタルズームとは別に全画素超解像ズームという機能があり、センサーと画像サイズ(選定)によりますが、デジタルズームよりかは鮮明なズームアップ撮影が出来るようです。

まだ20枚くらいしか撮影していないので、使い勝手の理解は乏しいですが、調べた情報通り、NEX-5Rと似た感触があり、好感が持てます。

1つ、NEX-5Rよりも感激する設定を見つけました。

セットアップメニューの中に『電子音 入/切』選択があり、『切』を選択すると、シャッター音も消すことが出来ました。

NEX-5Rでは、『操作音』を切ることができても、シャッター音は消すことが出来ず、それは唯一のご不満点だったので、無音となったRX100M2は、教会や美術館での撮影には最適となります。かなり、ウレシイ。


という練習を終えて、思うことがあります。

RX100M2は決して、NEX-5Rの“サブ機”ではなく、同等の相棒です。

防水のDSC-TX300Vは、雨天の助っ人という扱いになりますが、RX100M2はNEX-5Rと分け隔てのない愛機になるよう練習していきたいです。


すると、目下所属している“にほんブログ村”のカテゴリ“マイクロ一眼カメラ”は適さなくなります。

さらに、もう一枠参加している“カメラ女子”も、登録されている殆どの方々がデジタル一眼カメラを活用されています。

今年の4月にNEX-5Rを購入して直ぐに始めた写真ブログ。

鍛錬目的で参加したブログ村ですが、今後のカメラ機種を増やした練習活動には、それに適したカテゴリに移動しようと思います。

およそ半年参加した“カメラ女子”と“マイクロ一眼カメラ”。熱心な投稿活動ではありませんでしたが、閲覧は丹念にさせていただき、学習を兼ねて楽しませていただきました。参加されているみなさまにはお礼を申し上げます。お世話になりました。

次回からは、別カテゴリに投稿したいと思います。

“デジタル写真”と“スナップ写真”を候補にしています。

まだまだ、超がつくカメラ初心者ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

雨天撮影練習

2013/10/29
朝から冷たい雨でした。
夕方のニュースによりますと、都内の日中の気温は札幌よりも低かったとか。
横浜は、札幌並みだったのかな。

冷たい雨ですが、風もなく、シトシト雨。
急に、雨の中の撮影を思いつきました。

と言っても、ミラーレス一眼“NEX-5R”を持ち出すつもりはありません。

4月にNEX-5Rを購入にして間もなく、雨天対策が心配の種となり、サブ機でもない、雨天用完全防水カメラを求めました。

それがコンデジ、“サイバーショット DSC-TX300V”。

購入以来、半年近く経ちますが、いくらでもあった撮影機会を見送ってきたのは、カメラが防水でも、自分の手が濡れるのは、「いやかも~」な気持ち、それだけの理由でした。

いくら、お手軽なコンデジでも、もうそろそろ、使い方を忘れそうな予感がしたのです。

辛うじて、操作出来ました。

20131029dsc-tx300v01.jpg
マンション中庭のモミジは、まったく紅葉も黄葉もしていません。

20131029dsc-tx300v02.jpg
いつも、ベランダから見下ろしていた紅葉は、近づくと、モミジではなく、ハナミズキでした。

20131029dsc-tx300v04.jpg
桜の落ち葉。

20131029dsc-tx300v05.jpg
野鳥。鳥は詳しくないのですが、あの子は“ぼっち”だということは知っています。

20131029dsc-tx300v06.jpg
秋らしいススキ狙いではなく、両手を伸ばして手が濡れても撮る練習。

20131029dsc-tx300v07.jpg
道端の雑草を腰を屈めて撮る練習。

こういうアングルでは、傘がジャマだとわかりました。

20131029dsc-tx300v08.jpg
ご近所で紅葉しているのは、ハナミズキだけだとわかりました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。