FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローズアップレンズ デビュー

届いたクローズアップレンズを早速、お試し。

一部、本日ダウンロードしたばかりのAndroidアプリ “Resize Lite”(無料版)を活用して、「明るさ」と「コントラスト」を微調整しています。調整は、目分量。(^o^;)

2013/4/27(土曜)
@自宅近所
ビストロ風『ふ洛』tel : 045-373-6658

レンズ E 16-50mm F3.5-5.6 OSS
チェンジアップリング (40.5→49)
クローズアップレンズ Kenko ACクローズアップレンズNo.5 (8~10cm)

ふ洛店内の奥まったところに一席だけテーブル席がありますが、基本 ¬字型のカウンター席のこぢんまりとした街のビストロという雰囲気のお店です。

ビストロと表現しましたが、パスタメニューも人気ですし、トラッテリア要素もあります。

ウチは、¬型の短辺が、お好み席です。ここの天井には、ピンスポットが2個並んでいるので、薄暗い店内でも、写真を撮りやすい位置になります。(ていうか、お料理を目で楽しむのにグッドポジションです。)

最初に申し上げておきたいのですが、ここふ洛は、いつ来ても、何を注文しても、いつもオイスィ!(^^)dです。

では、27日のグルメレポの始まり。


Resize Lite 使用。

いわしのマリネ。
トッピングは、ホタルイカ。



サザエの香草バター焼き。



グリーンアスパラとアンチョビの温野菜サラダ。


Resize Lite 使用。

トマトとモッツァレラ。



スカモッルツァの焼きチーズ。

焼き色とおりの香ばしさと燻製風味が、美味!


Resize Lite 使用。

チキンのワインビネガー煮。


Resize Lite 使用。

アボカドとアンチョビのソテー。


Resize Lite 使用。

〆の定番、ガーリックライス。

各々の味覚説明は省いてしまいましたが、8年も通い続けているお店です。今後も何度も登場すると思いますから、いずれまた、ディテールに及びたいと思います。

クローズアップレンズ使用感は、ズームレンズにはあまり適していないようですね。

撮影距離は然程変わらなくとも、被写体のサイズや形によって微妙にズーム調整をすると、その都度、ピントを合わせるのに手こ摺りました。

単焦点レンズに使用するのがいいのでしょうね。

いずれにしても、場数を踏んで慣れることが、便利を実感出来るのだと思います。
スポンサーサイト

前夜祭 @京都 2013/4/13

すべて;
レンズ E 35mm F1.8 OSS
最短撮影距離 : 0.3m
プレミアムおまかせオート


フィルター by FC2 bldg.

京阪三条近く、高瀬川に架かる “高瀬川” から新緑の柳。


フィルター by FC2 SeaGreen

一軒目のお店は、English Pub “HUB”(三条店)。



HUB に来たら、京都だろうと横浜だろうと、まずは『GINESU』をワンパイントグラスで。

そして、四葉のクローバー模様は、お約束です。


フィルター by FC2 deli2

二杯目は、切れ効いたハーフ&ハーフをワンパイントで。


フィルター by FC2 bldg.

さてさて、予てより楽しみにしていた、船越栄一郎さんご推奨の『京都 まんざら本店』。

京阪三条のHUB店からは、四条大通りをひたすら上がって、徒歩15分強。(地下鉄 京都市役所前からは、大きな交差点三つ目の手前、右側)

当日電話予約はやっとの思いで、8時半スタートをキープ。



カウンター席では、店長がお迎え。スタッフの皆様も皆さん、ウェルカムな笑顔と手際の良い応対で、まずは、居心地満点。

「写真撮ってもいいですか?」のお伺いを立てるのが精一杯で、不慣れな手つきでマクロレンズと交換する作業は、折角の居心地を自ら壊すようで、憚れました。

それにしても、お通しを見るだけでも、今宵は、目も口も楽しませてくれると、わかります。

お酒はその都度、スタッフさんと相談しながらチョイス。



おまかせの盛り合わせ。

美味!



生麩の田楽。

生麩好きのワタシには、大満足。



焼き筍。

京都で、旬の筍を食せるシアワセ。



元々がお豆腐を得意とするお店。

一番シンプルな奴をお塩で、シンプルに。

確かに、美味!



何しんじょうだったかな。

お上品なお味でした。



京野菜のお新香。

彩りがキレイ。



いよいよ、〆。

〆であり、お楽しみのメインディッシュ、『炙り鯖の押し寿司』。

船越栄一郎さんが「イチオシ!」と絶賛するのも納得。

大好きな空弁 “焼き鯖寿司” よりも、比べ物にならないほどにオイスィ!
ここまで来た甲斐があったなどと自分たちを褒めるのもおこがましいです。

船越栄一郎さんに感謝!

お店に感激!

と素直に思えたあとに、炙り鯖押し寿司に出会えたシアワセを頬張り、噛み締めるのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。