FC2ブログ

再燃 “道具から入る”症候群 (^_^;)

日課のお気に入りサイトを閲覧中、いつものこちら “おきらくcafe ” 様の最新記事を読むと、ワタシにはまだ、必要なアイテム、是非ともホスィアイテムが存在することを発見。

たとえば、あの美しい風景。

水辺に浮遊するデコイの鮮やかな色彩や浅瀬を透かして見える湖底、背景に写り込む周囲の緑。

いつかワタシもあのような風景を撮ってみたいと思っていましたが、それには “サーキュラーPL” フィルターが必須アイテムなのですね。

サーキュラーPLフィルター(偏光フィルター)とNDフィルター(減光フィルター)を活用するのは、デジタル一眼カメラならではの撮影を楽しむ術なのだと理解しました。

当該記事だけでも早速、フィルター入手に動くところですが、もっと基本的な知識なり、製品概要比較も必要と待ったをかけて、しばし学習。

すると、初心者にはありがたい “こちら様” のフィルター講座を見つけて、“ステップアップリング” なるアダプターの存在を知ることに。

ステップアップリングはとてもスグレモノで、複数所持するレンズの口径が異なっていても、大きな口径フィルターを小さな口径レンズに装着出来るアダプター。

レンズ保護を目的とするフィルターは、レンズの数だけすべてに装着しますが、撮影用途で使い分けるフィルターは、一種類のサイズで使い回せるわけです。

ワタシの場合は、口径 40.5mm のレンズ E 16-50mm F3.5-5.6 OSS に、口径 49mm になるステップアップリングを装着すれば、一枚の49mm サーキュラーPL を E 35mm F1.8 OSS や E 55-210mm F4.5-6.3 OSS と使い回しが出来ます。

他にも、“クローズアップレンズ”なるアダプターも知りました。

要は、レンズフィルター感覚で使用するマクロレンズの代用品。

道具から入るワタシはすでに、単焦点マクロレンズを所有していますが、屋外でのレンズ交換には細心の注意を払っても見送ることを学習済みです。

レンズフィルター感覚で装着出来る “クローズアップレンズ” は是非とも、お出かけ撮影の必須アイテムにしたいと思いました。

自分が所有するレンズのそれぞれの最短撮影距離データや撮影シチュエーションを想定し、トリアエズ、撮影距離 17~25cm と 8~10cm 目安のクローズアップレンズを選択しました。

ND(減光)フィルターは、サングラスのような使い方になるようですが、クチコミやレビュー等を参考にすると共に、やはり、自分の撮影シチュエーションを想定し、ハーフNDを選択。

注文した品々は、五月雨に届くことになりそうですが、GW 後半には、お試し散歩が出来そうです。(*^^*)

コメント一覧

#12
>かめちるさ~ん♪
コメントいただいていたことに気が付かず、大変失礼しました。m(__)m

かめちるさんの記事ではいつも、「そうか」「そうなんだ」と、発表される画像以外にも、参考になる情報やキッカッケをいただいています。(*^^*)

サーキュレーターPLフィルターは、5月に入って、日差しのつよい晴天が続くので、トリアエズ、必携です。

今のところ、青空がキレイに撮れる!がメイン使いですが、コントラストにメリハリがつくような気がしています。
#10
こんばんわ(^_^)
私のブログがきっかけで新アイテムを知っていただき嬉しいです。
文中にリンクまで貼っていただいてありがとうございます。
私自身もうまく使いこなせて無いフィルター関係ですが、いい使い方を発見したら是非教えて下さい(^^♪

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する