FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨上がりの小樽

キラキラしたイルミネーションを撮り歩きたいと思っているのですが、咳が止まらない不調を抱えているので、家で大人しく、8月の写真ストックを復習することにします。

8月11日、アウェイ札幌戦に便乗して、三泊四日の小樽+札幌+函館の鉄板コースを旅しました。

出発の前々日に突然、家人に出張が決まり、想定外の“ひとり旅”となって、NEX5Rは、まさしく旅の相棒となりました。

20130814otaru01.jpg

2013/08/10

新千歳空港から、JRで小樽直行。

道中からの雨模様は、小樽に着いてもまだ止まず。

ビニール傘を買う気にもなれず、雨空を眺めていると、駅舎のランプでデザインされた窓に、小樽らしさを見つけました。

20130814otaru02.jpg

雨が上がるのを念じて、駅でお茶した甲斐がありました。

傘要らずで、やって来れました、小樽運河。

しかし、真夏らしからぬ曇天。

しばらく、ピクチャーエフェクトで遊んでみることに。

20130814otaru03.jpg

ピクチャーエフェクトのミニチュアを使うと、見知らぬ観光客の写り込みも気にならないですよね。

20130814otaru04a.jpg

運河に並ぶ倉庫の1つがビアホールになっていて、早速、ランチタイム。

20130814otaru05.jpg

店内には天使がいます。

バッカスじゃないんですね。

20130814otaru06.jpg

運河からタクシーでやって来た富岡教会。

本日一番の訪れたかったところです。

TVドラマ『相棒』のロケ地。

ワタシはこの相棒エピソードが大好きで、再放送を何度も観て、その都度、ラストシーンで涙ボロボロになるのですが、何年越しの思いが叶ったのか、「ホントにあったんだ!」と、声にしたいほど、来れたことに感激しました。

20130814otaru07.jpg

内部見学をして、驚きました。

祭壇は、二階に設置されているんです。

靴を脱いで上がる教会は、他にも体験したことがありますが、二階というのは初めてです。

ステンドグラスのガラス窓が、木造家屋のような雰囲気も、TVで観ていたときの印象と異なりました。

20130814otaru08.jpg

こじんまりとした祭壇です。

スリッパで歩く床は、キシキシと音を立てます。

20130814otaru09.jpg

「富岡教会まで来れた!」満足は、教会外観を見上げて達することが出来たせいか、内部見学では、妙な好奇心が沸き上がり、ベンチの十字架デザインが未だに『米』と読めてしまい、キリスト教と結びつきません。

20130814otaru10.jpg

帰りは下り坂なので、徒歩で小樽駅まで戻ることにしました。

すると、教会が建つ目の前の坂道の名称が、“地獄坂”と知り、しばし、坂上を眺めてしまいました。

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。