FC2ブログ

ハゴロモジャスミン 2013/5/7~8

マンション中庭のコリドーに絡むハゴロモジャスミンの開花は、ウチのベランダのハゴロモジャスミンよりも毎年、一週間から10日遅く、GW の頃から徐々に花盛りを迎えます。


2013/5/7

レンズ E 30mm F3.5 Macro (SEL 30m35)

朝日が先に当たる柱では大分、開花が促進され始めました。


20013/5/7
軽く2mを超える高さのコリドーを伝うハゴロモジャスミンをマクロレンズで近づくには、無理がありました。


2013/5/7

柱の上部。両腕を伸ばして近づく。

【2013/5/8 (水曜)】

本日は、レンズ E 35mm F1.8 OSS とレンズ E 16-50mm F3.5-5.6 OSS をトライ。



まずは、レンズ E 35mm F1.8 OSS を使用。



35mm で、天に伸びる蔦の先端をとらえてみました。



コリドーの内側で、上部を被うハゴロモジャスミンから垂れ下がる蔦先。



同じ位置でも満開と蕾だけの房が並ぶアンバランスなバランスが、色調のメリハリを見せてくれます。

全部が満開になれば、それはそれで美しいですけど。



何本かおきに柱上部から、このように垂れ下がる姿が、ちょっとゴージャス。

ちなみに、“テイカズラ” が伝う柱も太いグリーンポールになっています。

ハゴロモジャスミンの花盛りが終える頃、黄白色の小花をこぢんまりと見せてくれます。



レンズを E 16-50mm F3.5-5.6 OSS に交換。

屋外でレンズ交換をしたのは、初めてです。

中庭のベンチに腰を下ろして、室内で行う作業と同じ要領で手を動かしながらも、ドキドキしました。



日当たりのよい方の柱の上部で、蕾と花が半々かな。



レンズ E 16-50mm F3.5-5.6 OSS でズームアップ。



日当たりの優位と上下位置に法則はないようですね。


(つづく)

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する