FC2ブログ

レトロな寄り道

2013/5/19 (雨)
北九州 vs 横浜 遠征
レンズ E 16-50mm F3.5-5.6 OSS
編集 by Snapseed


かしわうどん@小倉駅

横浜FC的には長らく、鳥栖駅下りホームの “かしわうどん” が、お約束の敵地を喰うグルメでした。

個人的には密かに、小倉駅のかしわうどんの方が微妙に「オイスィ!」と感じていたので、北九州遠征では何とかしていただく機会をやりくりしていますが、今年も食べることが出来ました。(^^)d



毎回、女性客は遭遇しない......

しかし、思い叶ったあとは次なる目的地、門司港へ。


終点、門司港駅

引き込み線駅だからでしょうか。ホームの駅表示電光板は、線路に対して並列ではなく垂直。

昭和レトロで観光拡大している門司は、駅からレトロムード。



駅近くには、鉄道博物館があるくらい門司は、鉄道的にも歴史と魅力があります。


@栄町銀天街アーケード

今回の寄り道は2時間弱の滞在でしたので、海側の観光地や門司港地ビールは断念。

雨天でも傘要らずで歩ける商店街アーケードを選択しましたが、3~4回目の訪れは、来る度に寂しい様子に胸が締め付けられます。

編集なしでは、“レトロ”感をお伝え出来ないほど...... でした。



統一された電光看板はみな点灯しているのですが、シャッターで閉じられているお店が、日曜休日なだけなのだろうか、大いに気になります。



ポップな彩りキャンディーも編集しないと、1つだけ浮いてしまう。


5/19の鯉のぼり

辺りの色を消してしまう雨粒に打たれる鯉のぼりは、寂しい。



二階、三階には、人や生活活動の気配は感じられません。

その角の横丁に唯一のお楽しみがあります。



“放浪記” と読める看板が、お目当ての喫茶店。

入店するのは今回が二度目。

店先を眺めるだけでも「これぞ、レトロ!」な、昭和生まれの足をしばし止める仕掛けがいっぱいありますが、生憎の雨。今日はズームでアプローチ。



中に入ると、丁度ランチタイム。



かしわうどんをいただいたばかりで、ランチセットは無理でした。

“ケーキセット” のケーキは、懐かしいような素朴なようなロールケーキでした。



店自慢のコーヒーは、うんちく知らずのワタクシには、「薄味でオイスィ!」



本当は、店内の三方の壁面が覆われるほど不思議な骨董品陳列に瞬きを忘れるほどなのですが、他のお客様方がお食事中ですので、自分の近くの骨董品だけを1枚、パチリ。

ご覧のように、脈絡の無さそうな品々が文字どおり、混在しているのが “キッチュ” で面白いんです。(^.^)

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する