FC2ブログ

snapseed

今日の朝刊に『snapseed でレタッチしてみる』という特集が紹介されていました。

“snapseed”、愛用している。

と思ったけれど、ワタシは、機能を十分には活用していなかったようだ。

レトロっぽく加工とか、顔が判明してしまう見知らぬ一般人の写り込みを曖昧にするとか、気分で絵画チックにするなどが、主な活用だった。

記事では、任意の写真の明るさ、鮮やかさなどの調整が、画面上で指一本を縦方向と横方向に動かすだけで、自在に出来ると説明されていた。

ぇ。

そうなんだ......

試してみた。



以前にアップした画像。

店内の照明が薄暗く、手にしたばかりのミラーレス一眼カメラで、明るさ選択もわからず、「いくら薄暗くても、モッツァレラチーズはもっと白いのに......」とモヤモヤ気分だった記憶のある写真。



ぅわ。

こんなに修整出来るんだ!

記憶のモッツァレラチーズだけでなく、お皿の白も甦った。背後もほんの少し、ぼけたように復活している。

しかし、あの白熱灯ピンスポット照明下での微妙な雰囲気ではない気もする。

印象と見えた通りの両方を欲張って自在に撮影出来たら、それが一番の理想だけれど、足りない部分を修整するのがレタッチソフトだと思えばいいのかな。

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する