FC2ブログ

倉敷@岡山遠征 SEL35F18編1

2013/7/7(日曜) 晴れ @倉敷
レンズ E 35mm F1.8 OSS

アイビースクエア敷地内を見学していると、それまで装着していた真新しいレンズ E 16mm F2.8+ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1の組み合わせでは撮影しづらく感じて、E 35mm F1.8 に交換しました。


プレミアムおまかせオート
明るさ補正+0.3

アイビースクエアホテル中庭に面した付属のレストラン正面。


プレミアムおまかせオート
明るさ補正+0.3

中庭を囲む回廊。

日没後には白熱灯照明がロマンチックな雰囲気を醸し出すのでしょうね。


プレミアムおまかせオート
明るさ補正+-0.0

木塀とレンガ壁が向かい合う。ただそれだけでも、壁好きにはそそるシチュエーションです。o(^o^)o


おまかせオート
明るさ補正+0.7

レンガ壁と古い町並み。


おまかせオート
明るさ補正+0.7

アイビースクエア正面ゲートから古い商店街の入り口を見上げる。


おまかせオート
明るさ補正+0.7

古い商店街の連なる木造の二階部分。白壁、格子窓、タイル、艶やかな瓦。倉敷らしい木造家屋と感じます。


おまかせオート


おまかせオート

壁好きな上に、蒲鉾好き?

蒲鉾は嫌いではないですが、七夕飾りやアジサイと木造家屋を合わせようと色々立ち位置を変えたはずなのに、蒲鉾看板はジャマに感じなかったせいかでしょうか。(^-^ゞ


おまかせオート
明るさ補正+0.7

商店街を抜けると再び、川沿いに出ました。


おまかせオート
明るさ補正+0.7

もちろん、“地酒” のれんにも気を取られますが、お二階に設営されている木製看板に目が奪われました。

『富士山』ですよね、あの絵柄は。

ちょうど、富士山の世界遺産登録の話題が盛り上がっていたころですが、ここ倉敷で、何故に富士山なんだろうか?


おまかせオート
明るさ補正+0.3

天井が低くそうな二階建て木造家屋が連なる光景は、どの通りで出くわしても時空をふわりと越えられる気になります。(^.^)

さて、レンズ E 35mm F1.8 OSS でこんなにガシガシ撮ったのは、4月の京都遠征の際の先斗町散策以来です。

あのときは初めて尽くしで、使い勝手の感触も覚えていませんでしたが、今回は、SEL35F18 って、使いやすいと愛着を持てた気がします。

雑誌などで言われているように、人の視野と近い視界を覗けるレンズは、身体の一部のように感じられました。

あともう一回、SEL35F18 編をアップしたいと思います。どうぞよろしくお付き合いください。m(__)m

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する