FC2ブログ

軍艦島上陸

いよいよ上陸ですが、島を間近にすると、初めて目にする廃墟に興奮を抑えきれませんでした。

レンズはそのまま、E16-50mm F3.5-5.6 OSS。

gunkan9.jpg
S優先 1/250 F5.6 ISO100 +1.0 36mm WB太陽

まずは、「がらんどう」という言葉しか浮かびませんでした。

gunkan10.jpg
S優先 1/250 ISO100 +1.0 36mm WB太陽

gunkan11.jpg
A優先 1/160 F11 ISO100 +0.3 16mm WB太陽

思い出しました。

日差しがジリジリと、とても暑い日でした。ツアー船には、麦わら帽子の貸し出しもありました。

上陸後は三班に分かれて、見学コース分けされました。それぞれに、ボランティアガイドさんと乗組員が帯同します。

船上ではシャッター優先設定でしたが、地に足が着き、A優先に変更。

gunkan12.jpg
A優先 1/100 F11 ISO100 +0.3 16mm WB太陽

ローマのフォロノマーノを思い出しました。

gunkan13.jpg
A優先 1/160 F11 ISO100 -0.3 16mm WB太陽

手を伸ばせば簡単に触れることができる間近まで転がって(?)いる。

gunkan14.jpg
A優先 1/160 F11 ISO100 +0.7 50mm WB太陽

コンクリート建築だけではないんですね。

レンガ造り。崩壊前にはモダン建築物だったと思います。

gunkan15.jpg
A優先 1/80 F14 ISO100 -0.3 22mm WB太陽

三階建ての建築物は公務員宿舎で、唯一、お風呂付きだったそうです。

gunkan16.jpg
A優先 1/200 F14 ISO100 47mm WB太陽

見回しても、振り返っても、崩壊した鉄筋コンクリートや石材やレンガの塊がゴロンとさらされている光景。

照り付ける日差しに救われて、荒涼感にさいなまれることはありませんでしたが、この不思議は、ガイドさんから聞く当時の生活ぶりとどうやっても繋がらないものでした。

gunkan17.jpg
A優先 1/125 F14 ISO100 +-0.0 50mm WB太陽

この小さな島で唯一、現役の灯台。

gunkan18.jpg
A優先 1/125 F9.0 ISO1000 +-0.0 36mm WB太陽

堅牢な防波堤にも、ぼろぼろと大きな穴が。

gunkan19.jpg
A優先 1/100 F18 ISO100 +-0.0 16mm WB太陽

ごろごろ光景に頭をぐるぐるしながら撮影していると、ポイント移動はいつも最後尾になってしまいました。(^^;

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する