FC2ブログ

雨の富山、プチ散歩

出端に地震、行きの機内では飲み物サービスなしの揺れっぱなし、そして、着いた先ではずっと、大荒れの雨模様。

年間40試合ほど戦うJ2リーグでは、様々な天候に一喜一憂しますが、昨日の富山遠征は後者の“憂”。

と言っても、試合に勝てば、苦労は一気に吹き飛んで、帰路は晴々でした。

その雨の富山では、スタ開場までの数時間、カメラを携えて市内中心部をちょこっとお散歩しました。

今日は写真の数が多くなってしまいましたが、20年ほど前に転勤で一年半生活した懐かしい商店街再訪のスナップを全部載せさせていただきます。

20131110toyama01.jpg
DSC-TX300V Pモード

空港から富山駅直行バスでやって来ました。

北陸新幹線開業に伴い、新幹線専用ホームと駅舎改築工事まっただ中。

金沢駅はとっくに『祝・北陸新幹線開業』垂れ幕を掲げて、立派な駅に生まれ変わっているのに、一年半後の開業に間に合うのか、他人事ながら心配になります。

20131110toyama02.jpg
DSC-TX300V Pモード

工事に伴い、移転、仮営業中の富山駅正面改札のすぐ脇に設置されている郵便ポスト。その上に置かれている“富山の薬売り(売薬さん)”の像。

これも、工事に伴う仮置きなのだろうか。

20131110toyama03.jpg
DSC-TX300V Pモード

富山駅前から市電に乗ってやって来ました、西町。

昔は、市内で最もにぎやかなショッピングエリアだったのですが、一家に一台どころか、ひとり一台のクルマ保有と言われている富山でもドーナツ現象に歯止めは効かず、ずいぶんと様変わりしているようです。

この建物は、かつての“富山西武デパート”です。

青無地の看板には、白抜き文字で“SEIBU”と記されていたのですが……

もう10年くらい前に撤退したと聞きましたが、建物だけは放置されたかのように存在してます。

実は、ワタシは、ひょんなキッカケで、富山西武の二階レディスフロアのとあるショップで繁忙期に限り働いていました。本当なら、単純に懐かしい建物なのに、いきなり、寂しい。

20131110toyama04.jpg
RX100M2 A優先 ピクチャーエフェクト;リッチトーンモノクロ

西町交差点で二分されたショッピングアーケードの片方は『中央商店街』といいます。

一直線に伸びたアーケードは、“閑散”では表現が正しくないような、言葉にするのは思い出がなかったことになるんじゃないかと思うほど寂れています。

たった一歩踏み入れただけで、見えている光景には色がなくなっている気がして……

20131110toyama05.jpg
RX100M2 A優先 ピクチャーエフェクト;リッチトーンモノクロ

「テナント募集」とか「入居募集」の張り紙がされている空き店舗を見つけると、シャッターが下りた店舗が多くあるなかで、もしかすると光明の兆しがあるのかもしれない。

20131110toyama06a.jpg
RX100M2 A優先 ピクチャーエフェクト;ミニチュア

寂れた感の感傷にとっぷりと浸っているようでその実、カメラを携えているってことは楽しいわけで、遊べるショットを見つけると、写真モードダイヤルをカチカチと回して反映する液晶画面を見るのが楽しくなります。

20131110toyama07.jpg
RX100M2 A優先

北陸銀行のアートギャラリー。

一列すべて、ミレーの作品。

なぜに、ミレーが中央通商店街に?

説明プレートによると、山梨県立美術館が所蔵する作品を福井県のセーレン株式会社の協力により、ビスコティックスという先端技術で複製したといことです。

複製でも、大そう立派な額縁に収まって、このようなガラス張り展示されていると、ここだけ別格な光輝を放って見えます。

20131110toyama08.jpg
RX100M2 A優先

別格の筋向かいには、キッチュな立て看板。

無いものは無いまま。あるものはあるがまま。

中央通商店街。それなりに頑張っているのかな。

20131110toyama10.jpg
RX100M2 A優先

西町交差点を渡り、中央通商店街と向き合うアーケード『総曲輪(そうがわ)』に入りました。

旧富山西武デパートビルを過ぎると、案外と昔と変わらない人通りがあることに気づきます。

お店は代替わりしているのもありましたが、シャッターが下ろされたままの店舗はほとんど見受けません。

20131110toyama11.jpg
RX100M2 A優先

アーケード中ほどにちょっと大きな広場が出現。

20年前には無かった広場です。

昔、西町交差点角にあった大和デパートが、総曲輪に移転したのを機にデパート横に広場が出来たようです。

西武デパート撤退後、富山市内唯一の老舗デパートが、店舗拡大のために移転したと聞いていましたが、広場まで併設されて、総曲輪には大和効果絶大のようですね。

20131110toyama12.jpg
RX100M2 A優先

もはや、ここの住民ではない単なる通りすがりの旅人には、広場の催しよりも、広場のガラス天井に好奇心を抱いてしまいます。

真夏の炎天下よりも、どんよりと鉛色の空に覆われることのほうが長く続く富山の気候を考慮すると、少しでも自然光を広く取り入れたいでしょうし、「弁当忘れても、傘忘れるな」という言い伝えがあるご当地で、傘いらずで人々が集まれる広場が出来たのは画期的なことのように思います。

20131110toyama13a.jpg
RX100M2 A優先

総曲輪アーケードが一旦途切れる角。

昔はお蕎麦屋さんだったはず。

一年半の富山生活で二度体験した夏。

夏が訪れると、そのお蕎麦屋さんの店先に「岩牡蛎あります。」というような張り紙を見つけました。それまで、岩牡蛎なるものを知らなかったワタシは、初めていただく岩垣に感激。たった二度のチャンスでしたが、当時は、夏の楽しみでした。

移転されたのでしょうか。閉店されたのかな。

コジャレたカフェも、大和デパート効果にはアリだと思いますが、街のお蕎麦屋さんで気軽に食せる岩牡蛎も良かったな。

20131110toyama14.jpg
RX100M2 A優先

一旦途切れた先の続きの『総曲輪』

大通りを挟んで、大和デパート効果が及んでいない、昔ながらの商店が並んでいるいるようです。

シャッター、下りてるなぁ。

日曜定休のお店が集中しているだけならいいのですが。

さて。

20131110toyama15.jpg
DSC-TX300V Pモード

自宅近辺ではまだ見ることのない紅葉。

スタジアムを囲む公園の並木で今秋お初の紅葉を見ることが出来ました。

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する